お客様本位の
業務運営に関する方針

株式会社ライフメトリクス(以下、「当社」といいます。)は、生命保険会社11社を取り扱う総合保険代理店です。
当社はお客様に誠実かつ真摯に向き合っていくため、以下の方針を定めます。

お客様本位の業務運営

当社は、企業理念に則り、お客様の最善の利益を図るべく、適切な相談業務(コンサルティング)を行うよう努めてまいります。

  • 今般、金融庁から公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を踏まえて、生損保総合保険代理店としてお客様本位の業務運営をより一層推進するため、「お客様本位の業務運営に関する方針」を制定し提示しております。
  • 当該方針に対応する主な取組状況を経営会議にてとりまとめ、審議および検証を行ったうえで、役員報告を行い、定期的に更新してまいります。

お客様への最善の保険商品の選定・推奨を第一に考えた行動

当社は、複数の保険会社の商品を取り扱う保険のプロフェッショナルとして、コンプライアンスを遵守し、お客様に最善の保険商品を提供するよう、常にお客様に寄り添った行動を実践します。具体的保険商品の選定・推奨に当たっては、年に2回ごと、当社における販売状況および傾向(動向)を鑑みつつ、営業会議で定めます。
実際の販売実績をもとに、お客様の意向に沿った保険商品を提案します。

お客様への分かりやすい情報提供とサービスの提供

当社は、お客様への保険商品のご案内に当たり、ご契約前に交付する各保険会社作成の契約概要や注意喚起情報に加え、内容を正しくご理解いただくため、以下の様な分かりやすい情報とサービスの提供を行います。

①商品特性やお客様特性に応じたお客様対応

  • 変額保険、外貨建て保険のような、市場リスクをお客様が負担する特定保険契約をご提案する際には、お客様の保険その他金融商品に関する知識、保険商品ご加入の目的、お客様の年齢、家族状況、財産状況を把握したうえで、明確、平易な表現を使い、適切な情報提供を行います。
  • ご高齢のお客様に保険商品のご提案をする際には、ご本人の理解度や判断力を確認しながら、わかりやすい言葉で丁寧に説明することを心がけます。理解が不十分と思われる場合は、繰り返し説明し、特に不利益事項等は十分に説明を行います。また同時に、各保険会社の定める規定・手順に則り適切な手続きを行います。

②永続的にお客様から信頼されるアフターフォローの実施

  • ご契約から保険金・給付金のお支払に至るまで、常にお客様のご要望に寄り添った適時適切なアフターフォローを行います。また、お客様のご意見・ご要望を常に周知し、業務に反映できるよう、社員全員使用のネットシステムに、お客様のご意見・ご要望・苦情を入力いたします。1カ月に1回業務管理責任者の確認、1年に1回営業会議による意見交換を行い、具体的な対応を進めてまいります。

利益相反の適切な管理

当社は、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引を適切に把握・管理するための体制を整備し、維持・改善に努めてまいります。

  • 当社は、お客様の多様なニーズにお応え出来るよう複数の保険会社と募集代理店契約を締結し、商品ラインナップの拡充に取り組んでおります。なお、これらの保険会社からの販売手数料の水準には保険会社間で差異がありますが、お客様への保険商品のご案内にあたっては、販売手数料に関係なく、これらの商品ラインナップからお客様のご意向に対応した商品をご提案出来るよう努めております。
  • 当社では、営業社員が上記に記載の「お客様のご意向に対応した商品のご提案」を適切に実施しているか検証するため、意向確認した書類の点検を行います。具体的には、営業社員がお客様のご意向と提案商品との関係について記録した帳票等について、毎回、業務管理責任者が点検を行うほか、場合によっては営業社員に直接ヒヤリングのうえ、適切な提案が行われていたがどうかの検証を行ってまいります。

お客様本位の業務運営方針の浸透

当社は、お客様本位の業務運営とお客様に利益の最大化を図るため、研修体系等の整備および当方針の浸透に向けた取組みを進めてまいります。

  • 当社社員が適切な保険募集活動を行うための「勧誘方針」を定め、ホームページで公表しています。「勧誘方針」に基づく適正な保険募集活動内容は、コンプライアンス研修を通じ周知し、徹底しています。・今後は、お客様本位の業務運営のより一層の推進に向け、恒常的に「お客様本位の業務運営に係る取組」につき、お客様の声の共有、お客様サービスの改善とともに審議を行ったうえで、営業会議での報告を行い定期的な更新・公表を行ってまいります。

<当方針の定着を測る指標(KPI)について>

①継続率・・・37ヶ月目の継続率を定期的に算出し、85%以上を目指します

生命保険商品のご加入において、病気・ケガ・万が一がおこった場合に保険金・給付金を確実に受け取るため、ご契約を継続していただくことが重要です。
ご提案した生命保険を長くご継続いただくことは、ご意向を踏まえた提案・分かりやすい情報提供により、お客様にご満足いただいた結果と考えています。
2019年11月末時点の実績: 継続率:79.0%  対象期間:2015年10月~2016年11月契約日
(メットライフ生命 分子ANP合計:62,831,705円、分母ANP合計:79,471,671円)
※他保険会社につきましては、委託から37か月未満のため順次掲載予定。

③FP勉強会及び研修開催回数 年間総数50回を目指します。

日々目まぐるしく変わる保険商品や、ファイナンシャルプランニングに必要な周辺知識について、各方面の専門家を講師としてお招きし、定期的に勉強会を開催しております。
また、お客様にご迷惑をかけないようコンプライアンス強化を目的とした勉強会を開催し、知識や理解を深めていきます。
2019年11月末時点:勉強会実施回数 38回 2019年4月~2019年11月

研修テーマ
4月 1回目 住宅ローン
2回目 保険会社新商品
3回目 法人税制改正
4回目 NISA
5回目 コンプライアンス
5月 1回目 ideco
2回目 介護問題
3回目 コンプライアンス
4回目 保険会社新商品
5回目 格安SIM
6月 1回目 老齢基礎年金・
老齢厚生年金
2回目 変額保険
3回目 退職金制度
4回目 教育資金
5回目 コンプライアンス
7月 1回目 老後2000万円問題
2回目 法人税制改正
3回目 保険会社新商品
4回目 コンプライアンス
5回目 事業承継
8月 1回目 老後2000万円問題
2回目 資産運用
3回目 コンプライアンス
4回目 海外不動産
5回目
9月 1回目 ふるさと納税
2回目 クレジットカード
3回目 格安SIM
4回目 電子マネー
5回目 コンプライアンス
10月 1回目 ふるさと納税
2回目 保険会社新商品
3回目 法人税制改正
4回目 NISA
5回目 コンプライアンス
11月 1回目 ideco
2回目 介護問題
3回目 コンプライアンス
4回目 保険会社新商品
5回目 格安SIM
12月 1回目 事業承継税制
2回目 相続・贈与
3回目
4回目
5回目
1月 1回目
2回目
3回目
4回目
5回目
2月 1回目
2回目
3回目
4回目
5回目
3月 1回目
2回目
3回目
4回目
5回目
2019年12月1日策定